Panda - QRコード&バーコードリーダー(QRコード作成対応)

Product 17 main

説明

  • iPhoneまたはiPadのカメラを使って様々なコードを読み取るためのアプリです。
  • QRコード作成機能を追加しました。作成したQRコードは写真に保存することができます。
  • QRコードのほか以下のコードの読み取りに対応しています。 UPCECode Code39Code Code39Mod43Code EAN13Code EAN8Code Code93Code Code128Code PDF417Code QRCode AztecCode Interleaved2of5Code ITF14Code DataMatrixCode
  • 読み取り結果は様々な方法で共有することができます。
  • コードを読み取るとき、フラッシュライト搭載のiPhoneでフラッシュライトを利用できます。
  • カメラの利用には利用者の許可が必要です。設定アプリから「プライバシー」「カメラ」と進みアクセス許可を行ってください。
  • QRコードの保存には利用者の許可が必要です。設定アプリから「プライバシー」「写真」と進みアクセス許可を行ってください。

新機能

バージョン 2.2 (2017年9月26日) * 不具合を修正しました。

バージョン 2.1 の新機能(2017年09月04日)
* 未翻訳の箇所を修正しました。
* カメラの表示不具合を修正しました。

バージョン 2.0 の新機能(2017年09月01日) * ユーザインターフェースを刷新しました。
* より鮮明なQRコードを作成できるように修正しました。
* 英語と日本語に対応しました。


情報

互換性: iOS 10.3 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。


ライセンス

TTAttributedLabel

Copyright (c) 2011 Mattt Thompson (http://mattt.me/)

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

Realm Swift

https://github.com/realm/realm-cocoa

Realm Objective-C & Realm Swift are published under the Apache 2.0 license. The underlying core is available under the Realm Core Binary License while we work to open-source it under the Apache 2.0 license.